行政書士法人エベレスト安城駅前事務所ホーム安城市の開発(建築)許可申請について>愛知県開発審査会基準第11号地域振興のための工場等について

愛知県開発審査会基準第11号地域振興のための工場等について


◇愛知県開発審査会基準第11号の要件

<地域振興のための工場等  >

地域振興を図る必要があるものとして立地する工場等のための開発行為又は建築行為で、申請の内容が自己の業務用のもので、1項又は2項に該当し、かつ3項から6項までに該当するものとする。


1 当該工場等は、知事が指定した地域における技術先端型業種の工場又は研究所とする。


2 当該工場等は、都市計画法第18条の2第 1 項に基づく「市町村の都市計画に関する基本的な方針」において工業としての土地利用を図るべき地区として明示された区域に基づき市町村長が定めた区域内で行なうもので、次の各号に該当するものであること。

(1) 企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律に基づき、県および市町村が作成した基本計画における地域別の指定集積業種(物流関連産業を除く)で、所在市町村長が認めるもの。
(2) 開発区域の面積又は敷地面積が3,000平方メートル以上であるもの。
(3) 敷地の主たる出入口が面する道路幅員は、9メートル(1ヘクタール未満にあっては6メートル)以上とすること。


3 申請地の規模はその事業計画に照らし適正なものであり、5ヘクタール未満であること。ただし、2項の場合で開発行為が完了するまでに地区計画が定められるものにあっては、20ヘクタール未満とすることができる。


4 周辺の土地利用上支障がなく、周辺の環境条件に悪影響を及ぼさないものであること。


5 所在市町村長の支障がない旨の副申書が添付されているものであること。


6 開発又は建築を行なうために他法令による許認可等が必要な場合は、その許認可等が受けられるものであること。


付 記
本基準1項に該当するもののうち、開発区域の面積又は敷地面積が3,000平方メートル以下のものは、開発審査会の議を経たものとみなす。知事は、許可したものについて後日開発審査会に報告するものとする。

 

 

◇愛知県開発審査会基準第11号の運用基準

 ※規定なし

※指定業種に関する資料については、記載省略。お問合せ下さい。


行政書士法人エベレスト安城駅前事務所ホーム安城市の開発(建築)許可申請について>愛知県開発審査会基準第11号地域振興のための工場等について